ウォシュレットトイレの水漏れの対処や修理方法

温水洗浄便座のウォシュレットは日本での普及率は7割を超えており、オフィスや商業施設、ホテルのトイレなどでも利用されています。ウォシュレットは家電量販店やホームセンターでも販売され、業者でなくても個人で取り付けることが可能です。ただ、ウォシュレット 水漏れの場合、個人で修理するのはかなりハードルが高いです。水漏れの修理をしようとして却って状況を悪化させることになりかねません。自分で対処する場合は、予めしっかり知識を持って作業するようにしましょう。

■基本的に修理業者に依頼する

ウォシュレットはノズルから洗浄水を出して、お尻を洗うだけでなく、最近は便器を洗浄するタイプも出ており、構造が複雑化しています。トイレのタンクよりも故障しやすく、何回も修理が必要になるケースもあります。ウォシュレットは精密な部品で構成された電化製品で、無理に修理したために、水漏れの症状がひどくなったり、コードに水がかかったりしたことから、火災を引き起こす可能性があります。
トイレの水のトラブルの中で、ウォシュレット 水漏れはもっとも難易度が高いとされています。個人のDIYで直せるものではないので、ウォシュレットを安易に分解するようなことはせず、基本的に修理業者に依頼することをおすすめします。

■原因が分かる場合は対処も可能

接続部分の経年劣化による水漏れなら、自分で対処できるケースがあります。接続部分のパッキンやボルトが劣化していないか、チェックしてみます。特にパッキンは経年劣化しやすいパーツです。ホームセンターで汎用パッキンを購入し、古いパッキンと交換するだけで、水漏れが解消することがあるので試してみましょう。また、ボルトがゆるんでいるために水が漏れているケースがあります。
この場合はレンチでボルトを締めるだけで解決します。自分で修理をする際は、トイレの給水管に付いている止水栓を閉めておくことが重要です。マイナスドライバーで簡単に閉められます。日頃からのお手入れも大事です。特にノズル部分はこまめに洗浄してメンテナンスに務めます。

■まとめ
ウォシュレット 水漏れは原因が分かるケースで、簡単な作業であれば自分でも対処できますが、素人判断は避けましょう。トイレと一体化しているようですが、ウォシュレットは電化製品なので、安易に手を加えてしまうと故障の原因になり、大きなトラブルになることもあります。メーカーの保証期間内ならメーカーに修理依頼すると良いです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ