トイレタンクや便器の水漏れの対処や修理方法

トイレの水のトラブルで多いのは、ゆるやかな水漏れです。水が漏れる箇所はタンク、給水管、タンクと便器の結合部などさまざまな部分があります。特にタンクはトイレの水のトラブルがもっとも多い箇所です。普段は蓋を開けて中を見る機会がなく、トラブルが起きて初めて気づきます。また、便器から水漏れしている場合はちょっと厄介な事態です。タンクと便器はトイレの水漏れで押さえておきたい場所なので、対処や修理方法を紹介します。

■タンクから水漏れしているケース

トイレタンクから水が漏れている場合は、まずタンク回りの止水栓を閉め、原因が外側か内側か確認します。外側とは水道管とタンクを繋ぐパイプ、接続部分のナットやパッキンなどで、その場合は床に水が溜まるため、比較的気づきやすいです。内側とはタンクの栓が閉まらないなどで、漏れた水は便器の中に流れ込むため、一見気づきにくいです。
外側に原因が考えられるなら、ナットのゆるみをチェックし、パッキンを確認します。劣化していたら汎用パッキンと交換します。内側に原因があるなら蓋を開け、ゴムフロートや鎖が何かに引っかかっていないか、ゴミや水垢がついていないかチェックします。部品を新品と交換することもできます。タンクの損傷や給水パイプの破損が見つかれば、業者に依頼します。

■便器から水漏れしているケース

便器から水が漏れている場合は、まずタンクと便器のジョイント部分の水漏れが考えられます。その場合は市販されているパッキンと交換するなどの対応で、簡単に解決することができます。心配なのは便器自体から水が漏れているケースで、便器そのものに問題があることが考えられます。便器が損傷している場合で、物を落としたりしてヒビが入った、経年劣化により老朽化してしまったなどです。
便器についた水分や汚れをしっかり落とし、目視でチェックし、直接手で触ってみてヒビ割れしているかを確認します。見づらい場所は鏡を使うのもひとつの方法です。小さなヒビなら市販のパテで応急処置はできますが、根本的に解決はできません。早めに業者に依頼してください。

■まとめ
トイレの水漏れは日頃のお手入れと、メンテナンスで予防することができます。トイレ内の環境を清潔に保つようにし、温度を一定に保つことで、温度差による部品の劣化を防ぐことが可能です。専門業者に定期的にメンテナンスを依頼すれば、水漏れのトラブルを事前に察知して対策を立てることができます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ