トイレの水漏れ修理と交換の比較

トイレの床が濡れている場合は水漏れが考えられます。トイレの床で水が漏れている場合、簡単に修理できるケースと、修理が難しいケースがあります。修理が難しいときは便器を外して確認したり、便器本体そのものを交換したりすることもあります。大掛かりな設置工事になるかもしれませんが、そのまま放置するとさらに大規模な作業が必要になり大変です。修理で対応するケースとトイレの交換が必要なケースについて説明します。

■水漏れの修理は一時的な症状改善

床が濡れている原因が、便器と排水管の接続部分の不具合の場合、DIYで修理することが可能です。プラスチック製のパーツと排水管が繋がっているので、その溝の部分にパテの補修をするだけで解消できます。ただし、便器が老朽化している場合、修理は一時的に症状を改善することができても、また水漏れが発生するとか、別の場所から水が漏れることもあります。
また、年数が経っていれば、メーカーの補修部品の生産が終了し、部品を入手できず、修理できないケースがあります。まだ、設置から間がないのであれば、修理がおすすめですが、10年前後使用している場合は、結果的に便器を交換した方がお得になることが多いです。

■トイレの交換は節水や節電効果もある

床が濡れている原因が、タンクや便器のヒビ割れや損傷、給水パイプなどの破損の場合、個人で対処することは難しいので、専門業者に依頼しましょう。その際、使用して10年以上経過しているなら、便器の交換を検討しましょう。故障のタイミングでトイレの交換をすることで、変わらない快適な使用感を得られます。
また、10年くらい前の便器の洗浄水量は約13Lでしたが、最新の節水タイプは約3から5Lしか使用しないので、環境面で節水効果があると同時に経済面でも大変お得です。さらにウォシュレットの最新型は使用するときだけ便座を温め、使用しないときは消費電力を抑えられるので、電気代も節約できます。壁紙や床もリフォームすると、トイレ空間が新築のように蘇り、快適空間に生まれ変わります。

■まとめ
急な水漏れ、詰まり、老朽化などトイレが故障すると焦ってしまいがちです。トイレの水漏れの補修は修理と交換の2つの選択があります。家庭内でもっとも水を使うのは実はトイレで、最新の節水型に交換すれば、長い目で見て大変経済的です。使用年数に応じて、修理で対応するか、便器の交換をするか、検討した方が良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ